欧米並みの天井高

欧米並みの天井高

日本の建築技術は施系トップレベルですが、欧米で高級マンションと呼ばれる物件と日本での高級マンションとを比べると、決定的に違う部分があるそうです。

 

 

 

外装や内装、性能・設備面では決して劣らない日本のマンションですが、その決定的な違いのせいでぐっと小さく・様く感じさせてしまっているのです。

 

 

 

そうです、天井高です。日本のマンションは欧米のそれに比べて天井が決定的に低い。日本の建築にはさまざまな規制があるため、今までは欧米並みの天井高を作ることが難しいとされていました。

 

 

 

そのためどうしても窮屈な印象を与えてしまっていたのです。しかし最近では、世界水準のハイグレードマンションを建てたいということから、天井高を10フィート(約3メートル)近くにまで押し上げることに成功した高級マンションたちが少しずつ登場し始めています。

 

 

 

同じ広さでも天井が高いだけでとても広く、立体的に見えるもので、収納も圧倒的に収まりが良くなります。まだまだ少ない物件であるため、非常に注目を浴びています。