高級賃貸マンションを所有すべきか

高級賃貸マンションを所有すべきか

高級マンションを購入して人生を気分よく過ごしながら、財産づくりにもなると考える方が多くいます。

 

確かに賃貸マンションへの賃貸料を購入マンション購入時に借りた銀行ローンの返済に回せば、いずれは自分たちの財産になるので得だと考えることは当然です。

 

 

 

しかし、その考え方は日本における不動産価値が昔のように上昇基調にあれば問題有りませんが、経済の成り行きでは逆に値が下がる事も有ることを考慮に入れていないことになります。

 

日本経済は戦争が集結してからは復興に全国民が一丸になって努力してきましたので、長いこと一貫して成長軌道にのっていました。

 

 

 

現在の中国の状態によく似ていますが、東京でオリンピックの時期から平生に入ってのバブル崩壊とリーマン・ショックで完全に成長神話は崩れました。

 

 

 

それまでは一貫して日本の不動産価格は値上がりを続けて「日本の不動産価値は絶対に値下がりしない。」という不動産神話が根付いていました。

 

この感覚がバブルへ経済を生み出し、その間に超高額なマンションが次々と建設されました。

 

 

 

しかし、この異常なバブル景気が崩れだして不動産の価格は急激な値下がりを起こして現在でも完全には収まってはいません。

 

この時期に建設された高級マンションは、売れなくなって超安値で売られたり、仕方無いので賃貸物件として安く貸し出したりしました。

 

 

 

余談になりますが運が良ければ、これらの豪華マンションが安く借りられることもあります。

 

この様に時代によってはマンション価格も値崩れすることがありますので、必ずしも購入することが賃貸よりも得で安心とは言い切れないことをリスクとして知っておいてください。