人生の方向性とマンション購入時期

人生の方向性とマンション購入時期

人生においてマンションや一戸建て住宅を購入することは、一生のうちでも大きな決断を要する大事件です。

 

一般の方は、住宅を購入するということは生涯をそのマンションなり一戸建て住宅で家族とともに暮らしていこうという決断を要することでしょう。

 

30年前後の長い期間にわたって銀行ローンの返済を払い続ける覚悟も必要ですし、一度購入したら簡単には移転することが出来ません。

 

 

 

誰かに売却して次のマンションや一戸建て住宅に買い換えれば良いという人もおりますが、景気によって不動産の価格は変動するものですので損をすることもありますし、自分が希望する価格で簡単に右から左に売れるものでもありません。

 

ですから、マンションを購入すべきか賃貸すべきかについては様々な面から考える必要が有ります。

 

 

 

遺産をもらって資金にゆとりがあるのでしたら別ですが、一般的には物件を購入するには銀行の住宅ローンを組んで購入しますので大きな借金を抱えることになります。

 

住宅ローンは一度借金したら20年〜35年の長期にわたり返済を続ける責任があります。

 

 

 

この返済が出来ない事態になれば購入したマンションも手放して、最悪なケースでは借金だけが残ることもあります。

 

購入したら、転勤などの事情で他の地域に引越ししたくても出来ません。

 

 

 

ですから、マンションなどを購入するには自分たち家族の仕事や人生の方向性が決まってくる年齢になってからがベストタイミングになります。

 

しかし、年齢が高齢になりますと住宅ローンの返済期間が短くなるという問題もあります。

 

この様な様々な事情を考えますと、若い時期には賃貸マンションに住んだ方が良いかも知れません。

 

 

 

社会人になって30歳前後の人生の方向性が見えてくるタイミングで判断すべきかも知れません。