不況のあおりを受け登場した賃貸高級マンション

不況のあおりを受け登場した賃貸高級マンション

一昔前、日本では「ドーナツ化現象」というのが社会問題として取り上げられていました。都心の地価が上がり、商業施設や事務所などが乱立したために、人々が住む場所を都心から離れた郊外に移され、都心が空洞化したというものです。

 

 

 

しかしその現象もバブル崩壊によって徐々に解消されてきました。バブル崩壊以降は都心の地価もかなり下がり、企業が持っていた大きな土地がなどが多く売り出され、それらにマンションが建つようになりました。

 

 

 

郊外に住んでいた人々が都心へ住まいを移すことによって、次は都心回帰という現象が見られるようになりました。

 

 

 

都心の一等地にたくさんのマンションが建てられ、それらは分譲物件として売り出されていたのですが、最近では投資会社などによって分譲物件が買われ、賃貸物件として市場に出回るという現象も増えてきています。

 

 

 

消費者としては良い物件が賃貸で出回っているということは、とても嬉しい現象だと言えますよね。

 

松戸市で新築を探すなら