陶芸の技術:実は難しい高台作り

陶芸の技術:実は難しい高台作り

陶芸で器でいう「高台」という部分をご存知ですか。

 

茶碗の胴体部分を乗せている、底の部分にある円い輪。
食卓や台に直接接する足の部分のことをいいます。実はこの高台作り、器を作る上で一番重要な部分であり、一番難しい部分でもあります。

 

なぜ陶芸で高台が一番重要なのかというと、器がぐらつかず水平になるように高台を作らなければならないためです。
そしてそのぐらつかないようにと、水平になるように高台を作ることがすごく難しいんです。陶芸の高台を作る方法は2つあり、一つはカンナなどで削って作る「削り高台」と、もう一つは、細長いひも状にした年度を底に接着させて作る「付け高台」というものがあります。
陶芸教室を東京で探しているならこちらへ。
骨董品などの価値を鑑定する際、鑑定師たちは必ず底を見て、高台の作り方などを確認します。それは焼き物の産地や窯元によって高台の作り方が微妙に違うからなのです。高台によって産地や作った人、時代などを分析することができ、価値も決まってきます。

 

普段はあまり目に留まらない部分ですが、陶芸においてとても重要なパーツと考えられます。