昔からの高級マンショより安くて便利

昔からの高級マンショより安くて便利

「高級賃貸マンション」というと大都市圏の高級住宅地にある価のが高いマンションをイメージします。

 

東京では渋谷の松濤、原宿や、港区の白金台、元麻布、品川区の池田山、大田区の田園調布等のように古くからの高級住宅地に有るマンションになります。

 

今までは上記のような高級住宅地に住んでいるというだけでエリートに感じたものです。

 

 

 

このような高級住宅地には昔からのお金持ちが多く居住していますので土地代の評価額も高額ですし売却物件が出にくいことから希少物件になります。

 

売り土地が少ないので土地代が高額になりますのでコストが高額になるのです。

 

 

 

しかし最近はこれらの地域とは関係ない地域にも高級な高層マンションが建設されて人気が出てきています。

 

古くからの高級住宅地は実際の価値以上にイメージが先行していますが、交通の面を考えると決して便利な地域とは言えません。

 

むしろ、最近建設され販売されている高級賃貸マンションのほうが交通の便も良く、自然環境も良い場所があります。

 

 

 

品川や大森などの地域に広い土地を利用して自然環境も人工的に作られて居りますし、マンション自体の構築物としても耐震設計が施されていますしセキュリティー対策もしっかり出来ています。

 

さらにマンションの室内のインテリアやキッチン、浴室・トイレ、空調などの設備面でも古いものとは格段に良くなっています。

 

しかも賃料に至っては高級住宅地のマンションに比べてかなり安く設定されております。