サービスアパートメント

サービスアパートメント

高級賃貸マンションには、大きく分けると二つの種類があります。
一つは、継続的に暮らしていくための「家」を貸すものと、もう一つが、一時的な生活の場として「部屋」を貸すものです。
後者の方をサービスアパートメントとも言います。

 

 

 

いわゆるマンスリーマンションと同様のもので、最初から家具や電化製品などが用意してあり、敷金礼金などが不要で出ていたくなったらいつでも出て行けるタイプの部屋です。

 

 

 

特に、転勤の多いサラリーマンなどに、利用してる方が多いようです。ホテル暮らしよりは安く住みますし、短期間で出て行く前提なら普通に借りるよりこちらがお得です。飽きっぽい方にも良いかも知れません。
ただ、サービスアパートメントの場合は、普通の賃貸よりも賃料が割高な傾向があります。

 

 

 

短期的に見れば、サービスアパートメントの方が得でも、長期間暮らしていくつもりなら普通に借りた方がお得でしょうか。ただ、本当に長期間住んでいくなら、賃貸より分譲を買うという選択肢もあります。
サービスアパートメントは、フットワークの軽さが魅力です。

 

 

 

同じマンションでも、普通の賃貸の部屋とサービスアパートメント用の部屋と両方があることも多いので、目的に合わせて自分に適した方を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

分譲や普通の賃貸に比べて、サービスアパートメントはいつでもやり直しやすいという点も魅力です。分譲なんか一度買ったら、やっぱり出て行くというわけにも行かないですから。売るという手はありますが。