今話題のヴィンテージマンションとは?

今話題のヴィンテージマンションとは?

ヴィンテージとは英語で「年代物」という意味。ジーンズやワインなどについて、古くて価値の高いものという意味を持つようになります。

 

 

 

住まいにおいて「古いもの」というと中古物件となります。一般的に住宅の場合は、年数を経るごとに価値は下がるとされています。ですから中古物件は新築物件に比べても安価に手に入れることができます。

 

 

 

しかし最近では、中古物件の良さが見直されてきています。古くて価値の高いマンションが「ヴィンテージマンション」と呼ばれています。

 

知り合いが介護 フランチャイズをここで始めました

 

ヴィンテージマンションと呼ばれるには、ただ古いだけではいけません。ある程度の条件をクリアしないとヴィンテージとはいえません。定義などはありませんが、住居市場で一般的に言われていることは、築10年以上で、坪単価300万円以上、平均面積が70平方メートル以上。

 

 

 

周辺に緑が多く、洗練されたオシャレさがにじみ出るような雰囲気が必要です。ヴィンテージ化されると物件の価値が下がることなく、逆にどんどんと上がってきます。